CHECK

高く売却したい!事故車の買取を希望する人が押さえておくべき情報まとめ

近年は不用品を有効に処分するということは、非常に身近な事になっています。
壊れている物ですら、必要な方にとってはとても重要な物なのです。
そのままでは使えなくとも、技術力で修理したりパーツを取ったりすることは出来るからです。
同様に事故車を所持している方であったとしても、上手くすれば高値で売却できる可能性があります。
その点をしっかりと踏まえて、壊れてしまった車を少しでも高値で買取して貰うノウハウを勉強して行きましょう。

高く売却したい!事故車の買取を希望する人が押さえておくべき情報まとめ

もしも事故を起こしてしまった場合に、その事故車をどうするのか悩んでいる方もいるでしょう。
そのまま少し修理して再び乗るという選択をする方もいると思いますが、もう乗るのをやめようと思う方もいます。
単純にスクラップにするのにはお金も掛かるので、一番おすすめの処分方法は売却です。
特に事故車を高値で売却するには、そのような車を専門に買取している会社に依頼するのが一番早くておすすめです。
個人間での取引の場合はトラブルも多いので、おすすめできません。

事故車の買取も行っている中古自動車店

事故車は修理して使用する方法があります。
修理する際は高額になると手が出せず放置してしまうケースがあります。
放置していると、さらに劣化がすすみます。
車検も切れてしまい自力では移動が困難に陥ります。
保険金を受け取って修理しない方法もあります。
一度保険金を受け取ると、次回より保険料が高くなる傾向にあります。
事故車はどうすることもできないと、あきらめてしまいがちです。
事故車は買取が可能です。
買取が可能なのは車の使用可能な分を取り除いて再利用します。
1から材料を作るよりか安くできるからです。
オークションサイトでも出回っています。
新車よりも安く購入できるからです。
ディーラーだと、新車購入すると下取りサービスを行っているところもあります。
下取り価格はディーラーが自由に決められることはあまり知られていません。
中古自動車店で、買取を行っているところもあります。
全国に対応していて無料査定のサービスもあります。
買取の際はローンを完済していることに注意が必要です。

買取時に事故車と見なされる破損の目安

事故車と聞くと、交通事故で損傷した車をイメージする方が多いかと思いますが、車の買取における事故車の判断目安は交通事故歴ではなく修復歴の有無です。
修復歴とは、車両の骨格となるパーツを交換したり修理したりした経歴のことで、自動車公正取引委員会・日本自動車査定協会・日本中古自動車販売商工組合連合会の3つの組織により細かく定められています。
車両の骨格に該当するのは、フレーム・クロスメンバー・インサイドパネル・ピラー・ダッシュパネル・ルーフパネル・フロア・トランクフロアの8か所です。
これらのうち1か所でも修理したり交換したりしている場合、もしくは損傷があることが確認された場合は事故車として扱われます。
車の骨格は、安全に運転する上で重要な部分なので、少しでも損傷があると買取時に事故車として扱われてしまいます。
たとえ交通事故を起こしていなかった場合でも、骨格部分に損傷があれば買取価格は大幅に低下してしまうので注意が必要です。

事故車の買取査定で重視されるポイント

事故車の買取査定の場合に最も重視されるポイントは「修復歴車かどうか」です。
なぜ修復歴の有無が買取評価額に大きく影響を与えるのでしょうか。
中古車買取業者は、中古自動車査定基準に則って買取額を決めています。
この中で修復歴車とは「交通事故やその他の災害により、自動車の骨格等に欠陥を生じたもの、またはその修復歴のあるもの」と記されています。
つまり事故に遭いボディの外側の凹みやキズを直しただけでフレームの損傷には至らなかった場合、事故車であっても修復歴車にはなりません。
一方たとえ車のフレームへの損傷は少なかったとしても修復した場合は、事故の影響や衝撃安全性能に問題があることが考えられるため、評価額が大きく下がってしまいます。
その他にエンジンルームのコンディションや純正パーツを使用しているかも重要な項目になります。
また車種やグレード、走行距離、内装や外装の状態、年式などあらゆる項目が評価対象になります。

事故車を修理しておくと買取がスムーズなのか?

事故車とは言っても、少し直せば良いものもあれば、大きく潰れてしまい自走できないものまでさまざまです。
少し直せば良いものの場合は、それほど減額されない可能性があります。
しかし、自走できないレベルの場合は、修理をした方が良いのか、そのまま買取に出した方が良いのか迷うところです。
事故車を買取に出す場合は、確かに自己負担で修理を出したほうが買取額が高くなることは間違いありませんし、スムーズにいくことが多いでしょう。
けれども、直すための費用を自己負担しているため、最終的な収支でプラスに働くことは少ないと言えます。
直すための費用を負担するだけのメリットはそれほどないため、事故車をそのまま買取店に出したほうがかえって良いことがあります。
買取額は大きく下がってしまいますが、自己負担で直すよりはまだましでしょう。
個人で車を直す場合よりも、買取店が車を直したほうが実は安く済むため、自己負担で車を直すのはあまりお勧めできません。

事故車に関する情報サイト
事故車の買取について知ろう

近年は不用品を有効に処分するということは、非常に身近な事になっています。壊れている物ですら、必要な方にとってはとても重要な物なのです。そのままでは使えなくとも、技術力で修理したりパーツを取ったりすることは出来るからです。 同様に事故車を所持している方であったとしても、上手くすれば高値で売却できる可能性があります。その点をしっかりと踏まえて、壊れてしまった車を少しでも高値で買取して貰うノウハウを勉強して行きましょう。

Search